2020年3月14日土曜日

震災から9年が経ちました

ご無沙汰しております、理事長です。

震災から9年が経ちました。
振り返れば早かったと思う反面、内容濃い9年だったので長かったとも言いたい。

今年の3.11はコロナの影響で異例づくし。慰霊祭も中止、縮小となりました。私は毎年テレビに向かって黙祷を捧げますが、今年も経営する会社の従業員さん達と一緒に黙祷をしました。

近年は桜の植樹活動は桜守り活動に替わり、現地に訪れる回数もだいぶ減りました。地元の世話人の方々と、電話やメールなどで連携しながら遠方から繋がりを絶やさないように心がけてきました。

時々に訪れる楽しみと言えば、現地の桜の成長を見届けることです。毎年大きく成長している木もあれば、自然災害・動物被害により枯れている木もある。全てが同じ環境で育っていないから大きさも様々です。

毎年「お花見会」を行う地域もある。イベントを行い盛大に開かれている所もあれば、近隣の方々だけで花見会をする所もある。どんなお花見でも、そうやって人が集い花を愛でることが、私達の最終的に求めてきたカタチです。

毎回各地を訪れて驚くのは、三陸道が繋がっていくこと。震災後、整備されて作り始めた高速道路がもう直ぐ全線開通となる。当初から見ていたから、毎回訪問するたびに移動時間が縮まることで便利になったと痛感する。

復興の街づくり、各地だいぶ整備されて震災の痕跡は見当たらない。普通の街並みにしか見えない所が殆どとなった。しかし寂しく感じるのは、どの地域でも空き地が多いこと。地権者が震災で亡くなったり、遠方へ避難し移住してしまった地権者もいたり、昔のような住民がいるような街づくりをしても、昔の街には戻らないことを教えてくれる風景だ。

各地の海沿いには大きな堤防が張り巡らされ、海が見えなくなっている地域も少なくない。未だ整備されていない地域もある。そんな各地の漁港は立派な船がいっぱい並び、漁業の復興は相当進んだように思える。唯一、福島の漁港だけは未だ寂しさを感じます。

世話人の方々はご高齢の方が多い。9年前から比べる当然のことながらさらに歳を重ね、お会いするたびに歳を感じることもしばしば。現地の桜を守るためにご尽力頂いているのだけど、現地の若い方々にも活動に参加してほしいと毎回思う。他人事ならぬ私も9歳増えました。


9年という時の流れは、思い返すだけでも様々な変化と復興を遂げた。その反面、変わらぬものもあれば、無くなっていくものもあった。震災当初から復旧・復興を見届けてきましたが、外部者としてその流れを見れて来れたのも、この活動のおかげと感謝したい。

私達の活動の行く末を考え始めています。
10年目はその結論を出す年と思っています。


2020年3月14日
さくらプロジェクト3.11
理事長 小宮泰彦



2020年3月4日水曜日

残念なお知らせ

宮城県亘理郡山元町の戸花山では毎年4月の第2土曜と日曜に花見会が行われているのですが、残念ながら今年はコロナウィルスの影響を鑑みて中止になりました。
 
個人的にはこんな時にこそ桜を愛でながら、少しでも気持ちを明るくしたいところなんですが、多くの人が一堂に会するのはやはり避けておいた方が良さそうです。上野恩師公園の花見も、今年はビニールシートなどを敷いて行うことは禁止され、歩行のみでの花見会になるようです。
 
戸花山も個人的に行くには問題無いでしょう。
でも今年の開花は早そうです。3月最終週あたりが宮城県南部の開花になるんじゃないかと思っています。
 
写真は一昨年の戸花山花見会でのものです。

 


by:カヤネ

2019年10月21日月曜日

釜石・和山のいま:道路が整備されました!

釜石といえばラグビー!

ラグビーワールドカップ、日本は8強で幕を閉じました。
南ア強かったですね。

釜石復興スタジアム、
山田町から和山へ向かう途中に立ち寄りました。
大会中の喧騒は何処へ
日中の人影はまばらで、ちょっと寂しい感じでした。



和山の桜
元気です。
支柱を鉄条網で保護していただいたおかげで
鹿に食われてしまう被害も減少して、活着も進んでいます。






そして、道路と駐車場が整備されました!
道路は、奥側の入り口から入って、
釜石市指定天然記念物(1969年8月22日指定)のシナノキを
左手に見ながら進んだ、左手に位置します。
広くて、ゆったり止められます。

夏にキャンプしたら、星が綺麗だろうな。

この駐車場の奥側に、
かつて最強だった新日鉄釜石の専用ラグビー場があったのです。
ゴールポストはそのまま残っていますよ。





駐車場



以前に鹿の被害にあって小さくなった苗も守ってくれています。




この見晴らしの良い一角に、東屋をつくる計画もあるそうです。
ランチボックス持っていったら、
開放感に溢れる「美味しい」にありつけること間違いなし。

地元では、
人が集まれる工夫を凝らして皆様をお待ちしています。

2019年5月11日土曜日

気仙沼市唐桑町の桜


だいぶご無沙汰の理事長です。

4月2週目に南三陸町、気仙沼市、陸前高田市へ行ってきました。
残念ながら桜はまだ咲いておりませんでした。とはいえ、久々に桜木とも対面し、しっかり育っていることを確認できたことは収穫のひとつです。

1週間後に桜が咲き始め、満開になった桜の写真を現地の方が送ってくれました。
撮影の立ち位置がちょっと違いますが、1週間後の風景となります。
 
 




こうして立派に花が咲くと、まさに感無量であります。
この桜木は植樹後7年ほど経っています。同敷地内でも立派に育っている樹と全然育たない樹の両方があります。それは上手く根付かなかったり、自然界の影響だったりと理由は様々です。

来年こそは開花の時期に訪問できるよう、頑張ってスケジュールを組みたいと思います。


理事長より

2019年3月12日火曜日

震災から8年…〜和山の桜元気!

震災から8年が経ちました。
時の流れは、過ぎてみると早いものです。
地域によっては、未だ復興が進まない現実に、
戸惑いと無力感を覚えます。
やはり、建物よりも人が地域の財産であることを実感しますし、
特に子供が戻ると街に活気が出てくる映像には、未来を感じます。

さくらプロジェクト、植樹の活動が一段落して、
地味ながら、植樹後の管理に関する活動は続けておりますが、
この時期になると、春は毎週のように被災地を飛び回って居たことを
思い起こします。
植樹したさくらと被災地を訪れる春のツアーを企画いたしましたが、
残念ながら募集定員を満たすことができず、中止となりました。
私たちの活動をお知らせするための機会と努力の欠如かもしれません。

昨年の秋に、
岩手釜石市の和山地区に植えた桜の状況を現地からお知らせいただきました。
とても丁寧に桜を守っていただきました。
あらためてご報告いたします。
鹿などによる被害が相次ぐ中で、これなら、
今年春、花をつけてくれることを期待できますね。
地元を愛する方々に感謝します。
場所は、世界遺産に指定された橋野高炉跡に近い和山牧場








山が、冬の冬眠から覚めると、
蕾を膨らませて、開花に備えているかもしれませんね。
雪が溶けたら、見にいきたーい!

フスマックス

2018年12月6日木曜日

2019年 花見ツアー開催のお知らせです

花見会のお知らせ

皆さまのご支援で植樹された桜の花見ツアーを開催します。震災後8年を経て大きくなった桜の花見ツアーです。
まだ樹木は細いですが、毎年立派に花を咲かせています。開花しているか、はたまた散ってしまっているかは気候次第の運次第ですが、しっかりと成長している桜をぜひご覧ください。
ツアーで立ち寄る植樹地は、南三陸、気仙沼、唐桑、陸前高田、八瀬などです。
途中、南三陸のさんさん商店街(復興商店街)や陸前高田の奇跡の一本松、気仙大工左官継承館などにも立ち寄る予定です。

日時2019420日(土曜)~21日(日曜) 一泊二日
集合420日(土曜)一ノ関駅東口1030分(東京発でしたら756分発のはやぶさ103号にお乗りください)
解散421日(日曜)一ノ関駅東口1615分予定(そのまま帰京される方は一ノ関発1648分発のはやぶさ110号、もしくはそれ以降発の切符をお買い求めください)
宿泊:気仙沼市内のホテルを予定しています
最小催行人数:20人(最大45人で締め切ります)
費用概算24,000円~34,000円(申込人数により変動します)
〆切り:2019年2月28日(木曜)
中止:お申し込みが最小催行人数の20名に満たない場合は中止といたします。

移動はバスです。予定の行程は、
20日 一ノ関駅→南三陸さんさん商店街→南三陸志津川本吉駅→気仙沼唐桑早馬山展望台→土筆の里はやま館→唐桑町東舞根ほか→気仙沼宿泊先
21日 気仙沼→陸前高田の奇跡の一本松→震災追悼施設→気仙大工左官伝承館→南気仙沼→気仙沼シャークミュージアム→八瀬→一ノ関駅
(上記行程は変更になる場合があります)

お申し込みは、
1.参加される方の全員の氏名と年齢(代表者の方がわかるように)
2.郵便番号と住所 3.電話番号 
を明記の上、FAX 03(3252)1134 もしくはEメール(info@sakura-p.org)にてお申し込みください。(ファックス用お申込書はコチラから)
花見ツアー催行確定の際は、旅行催行会社の株式会社ジェイアール東海ツアーズ より、後日旅行代金の請求書が届きます。
 ※ツアーに関するお問い合わせ info@sakura-p.org までメールでお願いいたします。