2016年12月7日水曜日

ちゃんと活動しております。

こんにちは。カヤです。
5ヶ月間も何の情報発信もせずに大変申し訳ありませんでした。すっかりご無沙汰してしまっている当ブログですが、さくらプロジェクト3.11はまだちゃんと活動しておりますのでご安心ください。
ブログをご無沙汰しちゃった私の言い訳ですが、他力本願「誰かが書いてくれるだろう」とサボっていたのでした。
しか~し! 他の理事たちは違います! (たぶん……。) 本業が忙しくてこちらを開く時間が取れなかったのです!(と、信じたい)。

先月11月5日(土曜)から7日(月曜)まで、宮城県気仙沼市から岩手県岩泉町まで植樹したサクラの生育状況確認と今年度の植樹打ち合わせを行ってきました。

まずは気仙沼市の台(八瀬)を訪問。鎮守の山に植樹した苗はかなりの数が鹿の被害に遭っていました。その後に訪れた唐桑町東舞根(ひがしもうね)も鹿が多いのですが、こちらは一本もやられていません。
その理由はコレ。
廃棄処分になった定置網漁の網を苗に巻き付けたのが効果絶大! 定置網漁で使用する網は、何度か使用すると網の透明度が落ちるせいか漁獲高がグンと落ちるらしいです。そのため漁師さんは定期的に網を取り替えるのですが、その廃棄処分された網を譲り受けて使用しました。
鹿やウサギ対策は色々とやりましたが、これが一番効果的なようです。

その後、唐桑町の他の植樹エリアを訪問し(唐桑町は一部を除いてほぼみな元気に育っていました)、宿浦、小長根、中と視察してきました。

翌日は北上してまずは陸前高田へ。

陸前高田の町は復興まだまだです。このスピード感の無さはいったい何が原因なんでしょうか?

この陸前高田も震災後初年度に植樹した地域です。ここも鹿が多いのですが、立派に育っているサクラを見て嬉しくなりました。
 これで5年目のサクラです(添え物のようなモデルはフスマックス専務理事)。きっと今年の春にはしっかり花を咲かせていたことでしょう。見たかったなぁ。
陸前高田から釜石に向かい、世界遺産の橋野鉄鉱山・橋野高炉跡ちかくの和山へ向かいました。こちらも鹿の被害が多かったですが、それでもちゃんと活着し元気に育っていました。


その後、昨年植樹した岩泉町に向かいました。
今年8月に襲われた台風で、この町はかなりのダメージを受けたとニュース報道でも知っていたのですが、あれから3ヶ月もたつのにその爪痕は痛々しいほどにまだ残っていました。
現地に足を踏み入れると、ニュース報道では知るよしも無いほどの被害状況です。5年前の震災直後みたいな状況でした。被災エリアが狭いせいか、全国的には報道されないのでしょう。ほんのちょっとでも良いから今の状況を伝えるのが報道本来の役割だと思うんですけど。
国道沿いの道路脇はどこもかしこも瓦礫や漂流物だらけです。
その国道も途中、何カ所か陥没や崖崩れで工事中でした。
楽天イーグルスの練習場も、土砂で埋まってしまって当分使えそうにありません。

植樹したサクラの方は元気に育っていました。それはそれで嬉しいのですが、このような町中の状況を見ると心から喜んではいられませんでした。
一日も早い復旧を望みます。


2016年7月9日土曜日

第7期に入りました。 その他諸々・・・

理事長です。

だいぶご無沙汰をしてしまいました。

先月で第6期が終了し、今月より第7期が始まりました。震災からなので本来は第6期となりますが、途中で決算期間変更を行なったために第7期となるのです。

第6期までの植樹本数  4,365本

3県(福島県・宮城県・岩手県)にまたがって、14ヵ所に植えた植樹の本数です。5年、10年後、15年後・・・ と時を経て、被災地に桜の花が増えていくことを願って止みません。


先日の理事会では、今後の計画と将来像を話し合いました。

○今期の植樹計画は下記地域

福島県相馬郡新地町
宮城県本吉郡南三陸町
宮城県気仙沼市唐桑町
岩手県釜石市和山
岩手県下閉伊郡山田町

○花見ツアー
計画中

○将来像
大規模な植樹は今期をもって目途をつけ、桜守りに専念していく。


今春に現地視察した際に撮った写真



宮城県気仙沼市唐桑町4年前に植えた桜の木です。これまで植え続けた桜の中でも一番育ちの良い樹となりました。25㎝くらいの幹になって、高さは推定5~6m。日当たりや土壌によって育ち方は異なりますが、各地の桜がこのような成長を見せてくれることを願いつつ、時々に現地を訪れて見守りたいと思います。今年は咲いている時季には行けなかったので、来年を楽しみにしています。


まだまだ活動は続きます。この活動は支援者があってこそ成り立っています。
これからも末永くご支援くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

2016年7月9日

一般社団法人さくらプロジェクト3.11
理事長  小宮泰彦

2016年5月25日水曜日

嬉しい便り〜和山

昨日和山から、嬉しいお便りをいただきました。

和山の八重桜は、植樹したばかりですが一部が可愛い花を
付けていて、今が見ごろ(?)の状況です。
いずれも枯れることなく成長していました。
また、青ノ木集落の八重桜は昨年植樹したものも含めて先週
がピークでした。
また、恒例の八重桜まつりをはじめとするイベントも開催されました。





数輪の花が付いてますね!






昨年植樹された橋野鉱山跡地の桜はこんな感じです。
葉桜の方です。




ピンク色が鮮やかで綺麗だなあ〜


by フスマックス



2016年4月28日木曜日

シカ対策は、ネットでなく忌避剤で:和山



和山植樹後のご連絡をいただきました。


23日の土曜日、苗木に札を付けるために和山に行ってきましたので、
その時の写真を添付します。今回の植樹で、シカ対策のためにネットで囲わなかったのは、森林組合から「忌避剤を塗った方が良い」と助言されたからで、先週に塗っていただきました。白く塗ってあるのがそうです。秋口に、もう一度塗る予定にしています。

by WADA













それから、本日の岩手日報紙「声」の覧に地元の老人クラブの
会長さんが寄稿された記事


橋野を彩る八重桜見に来て!〜釜石市老人クラブ会長 中舘義元


地域の方々に期待されていることが、
嬉しいし、励みになりますね。

by フスマックス


2016年4月25日月曜日

和山にさくら

和山地方、
17日当日未明から、釜石地方の天候は荒れ模様

暴風波浪警報の合間を縫って、
何とか無事に迎えた植樹会開会式で、釜石大槌行政事務組合の組合長の進行の元、
橋野牧野農業協同組合の栗澤組合長のご挨拶、
当プロジェクト専務理事からプロジェクト主旨及びサポーターの思いを説明させていただき、
さらに強力に釜石地区のサポートを希望され募金していただいている
企業サポーターの社長にもご挨拶をいただき、
植樹方法の説明の後、開始

途中から
暴風雨となりましたが、
黙々と植樹を進め、計画より随分早く、
お昼には栗橋・橋野まちづくり会会長の締めで無事完了となりました。


地域を愛する村の長たち、
頼りになります!
















by フスマックス

2016年4月18日月曜日

桜吹雪

宮城県亘理郡山元町の戸花山、そして福島県新地町の鹿狼山へと桜見物に行ってきました。しかし、例年より10日ほども早い開花に、ほとんどのサクラは葉桜となっていました。
それでも樹種によってはまだ花を残すものもあって、それなりに花見を楽しめました。


桜の開花に合わせて予定を組むことの難しさを痛感しました。やはり花見は、地元の桜開花に合わせてフラリと出向くのが一番なんでしょうね。
植樹地の満開の桜を見ることが出来るのはいつの日かと夢見ながら、これからも被災地に足繁く通いたいと思います。

それにしても東北は桜の名所が多いんだなぁ、と実感しました。帰路にいくつかの桜名所を巡ることが出来ました。その最後に訪れた桜の名所・みちのく杜の湖畔公園では桜吹雪が出迎えてくれました!



by:カヤでした。

2016年4月14日木曜日

4月17日 和山牧場 植樹会

おはようございます。
今週末17日に和山牧場にて朝から植樹会を行います。

栗橋牧野農業協同組合 
代表理事組合長 栗澤稔 の主催により開催されます。

概要は下記の通り、
  本組合では、昨年橋野町振興協議会が日本さくらの会の協力を得て青ノ木及び和山牧場に桜の苗木450本を植樹したのに続き、和山牧場に八重桜(関山)320本を植樹することになりました。
 これは、釜石市と「民話のふるさと遠野」を結ぶ当地区を桜の名所にしようとする本組合が、被災した地域の復興を願い、また、植樹した桜の成長を見つめながら被災地と支援者を結び付けようとする一般社団法人さくらプロジェクト3.11東京都江戸川区新堀1-42-10、理事長小宮泰彦)のご協力をいただくことになり実現するもので、栗橋まちづくり会議(議長遠野健一)も共催します。

1.実施日
 417日(日)9時から
2.場所
 和山高原(市指定文化財「シナの木」周辺)
3.参加者数

 60人程度

遠野市内、または釜石市内から自動車で小一時間で向かえます。
どうぞよろしくお願いします。

当日の連絡先
050-5803-1439
さくらプロジェクト3.11 坂本